« その日 | トップページ | 最後の晴れ着 »

2015.07.16

最期の言葉

最期の言葉って、今の日本で普通に病院で亡くなる場合テレビや映画のようにはならないと、夫を看取って思った。どっちかっていうと、モニターの数字を見つめてその時が近づくのを待つ。呼吸器をつけていると最期の時というのは、たいてい意識を失っている。こちらの声は聞こえるだろうけど、本人はしゃべりたくてもしゃべれないのが実情ではないだろうか。

夫の場合、最期の言葉というのはたぶん、当日のお昼に看護師さんに言った「ごはんは?」か、私に言った「何か食べる」だった。食いしん坊な夫の最期の言葉にふさわしいとは思うのだが、なんかドラマティックじゃないなぁ。

ま、現実ってそんなもんだろうけど。

でも「ごはんは」とか「何か食べる」って(^-^;。

そうそうモニターばかりに気を取られて、本人の顔見てないってのもどうよ……って思うんだけど、つい数字が動くとやっぱ見ずにいられない。

|

« その日 | トップページ | 最後の晴れ着 »

コメント

まずまず体調を維持されているようで安心しました。この季節、痩せちゃだめですよ~。どうぞ楽しい思い出をたくさん抱きしめて、たくさん泣いてください。

投稿: sayono | 2015.07.19 00:40

ありがとうございます。寝られてるし、全然やせません(^^;)。
ブログにも書きましたが、病院で当日担当の看護師さんとお世話になった看護ステーションの方に思いっきり泣かせてもらったし、お葬式の時も火葬場で義妹にも泣かせてもらったのでかなりすっきりしてます。

投稿: うさぎ堂 | 2015.07.17 01:27

うさぎ堂さんはごはん食べれてますか? ちゃんと眠れてますか? 台風やら猛暑やらでふつうでも体調管理が大変な時期だから、くれぐれもご自愛くださいね。

投稿: sayono | 2015.07.17 00:19

ご主人のご逝去、心からお悔やみ申し上げます。実際にお目にかかったことは一度もありませんでしたが、ずっとお話をうかがっていたので、勝手になんだか知り合いのように思っていました。だからとても悲しいです。
なにかわたしでお力になれることがあれば、何でも言ってください。

投稿: 林 久実 | 2015.07.16 11:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« その日 | トップページ | 最後の晴れ着 »