« 遺影 | トップページ | ;(セミコロン)プロジェクト »

2015.07.29

イルカに乗った少年で不覚

 ダンナが亡くなった直後、二人の看護師さんに泣かせてもらい、火葬に送り出した直後に義妹に泣かせてもらい、もうこれで号泣することはないって思ってたんだけど、いや、まさかね。

 普段は、自分が何をどう感じているのか、未だによくわからなくて。大丈夫? とかそろそろ立ち直ってきた? とか聞かれるんだけど、ごめんなさい。本当に全然わかんない。でも時々、不安になって涙がでる時がある。でも号泣までは……・。その段階は過ぎたと思ってたんだけど。

 まさか『イルカに乗った少年』で泣くとは。ちょっと不覚。

 母もちょっといないことだし、まだテレビで歌番組見るのもちょっとって最近思ってたんだけど、今日のNHKコンサートで城みちるが出るそうなのでつい見てしまった。

 どっかの水族館で城みちるがイルカに乗ったり、イルカと共演……っていつの時代の企画だよ。

 小学校の時、城みちるは大好きなアイドルのひとりだった(年がばれる)。すっごくかわいくて、本当に王子様みたいだったなぁ。明星じゃなくて平凡をよく買ってもらってた気がする。今はそのまんまおじさんになってるところ、すごい。

 『イルカに乗った少年』は大好きな歌だった。もちろん、今でも振り付け付きで歌えます。

 ということで、城みちるが『イルカに乗った少年』を歌い始めた。

 「さ びしいっ時は海に来て……」ってところで涙が止まらなくなってきた。こんな時に2番も歌わなくても…・。「か、なしい時は……」わぁ~もうだめ。

 もしかしたら海に行った方がいいのかも。

 

 

|

« 遺影 | トップページ | ;(セミコロン)プロジェクト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遺影 | トップページ | ;(セミコロン)プロジェクト »