« JR石山駅周辺(三十三カ所、石山寺) | トップページ | ダンナの持ち物=パソコン=ダイナブックをどうするか »

2015.08.14

MIHO MUSEUMへ

 結局石山寺には1時間ほどいて、バスでJR石山駅まで戻った。
 そして別のバスに乗ってMIHO MUSEUMにむかった。時間にして50分、料金は840円。小旅行気分だ。

 MIHOMUSEUMは一度行ってみたいと思っていた美術館だった。ある時突然あらわれた(ように見えた)正体不明のの美術館、なんでそんなへんぴなところに美術館? と思いつつ一度は行ってみたかった。けど、なかなか見に行きたい!って思えるような展覧会がなく、今回の若冲と蕪村という人気画家二人の展覧会ということでやっと念願がかなった。2時過ぎのバスに乗りながら、24時間が全部自分のものというのはこんな感覚だったのかと思った。なんか変。慣れるのにやっぱり時間かかりそう。

 途中でバスに乗ってるのがわたし一人になり、山奥へ山奥へとバスは向かう。本当にこんなところに美術館があるんだろうか。実は鬼太郎のバスみたいに地獄に向かってるのでは、とか思い始めたときにようやく到着。駐車場に車がいっぱいあるのを見て、客もわたし一人だったらどうしようという心配はふきとんだ。

 ともかく、4時のバスで帰るようにいつものスピードで回ろうと考えた。ところが、バスが到着したのはレストランやらお土産物やらチケットやらを売っているレストハウスのような所。美術館は徒歩7,8分のさらに山の上とわかった。でも電気自動車で送迎があるというので、ちょっと一安心。

 若冲はど派手な絵を描くイメージがあるけど、流派にとらわれない絵の勉強したせいかけっこう素朴なのも多かった。蕪村みたいなかわいらしい寒山拾得もあった。蕪村のはやっぱり軽妙洒脱な絵が好き。思ってた以上にいい絵が多くって見入ってしまい、ぎりぎりでバスに間に合う。今度は時間に余裕を持って、常設展も見ようっと。

 帰りのバスは半分程度の席が埋まり、また一人だったらどうしようという心配もなかった。緑深い山並みと深い渓谷、琵琶湖じゃなくて瀬田川?でのカヌーの練習、瀬田の唐橋を見ながら駅に到着。お土産を買って家路についた。

 思っていた青春18きっぷは使えなかったけど、かなり旅行した気分。これからは夫の遺灰をいれたペンダントをつけて、もっとあっちこっちに行きたいなぁ。夫がうつになる前の若かった時みたいに。

|

« JR石山駅周辺(三十三カ所、石山寺) | トップページ | ダンナの持ち物=パソコン=ダイナブックをどうするか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JR石山駅周辺(三十三カ所、石山寺) | トップページ | ダンナの持ち物=パソコン=ダイナブックをどうするか »